効く本とは

いま、とある気功師の本を読んでいる。

というか、読みかけだけど。

たとえば、どこか身体がおかしいな?と思えば、いまだったらインフル休みとか風邪薬飲んで大事をとるだろう。

だけど、何ともないのに調子が悪いと来たら、代替療法の出番になる。

だけど正直、高価だ。

私のように年がら年中、貧乏暇なしで安月給なら、なるべく養生しながら様子を見るしかない。

「何もしないのは中くらいの医者だ」

と、大陸では諺になっている。

下手な治療法は、身体の自然治癒力すらも曲げてしまうようだ。

ところで、それでも手をこまねいているわけではござらん。

数千円でマシになるなら、セラピーの名人の良書を見た方が良い。

世の中にはカリスマという人がいるものだ。

(カリスマについては前に書きました)

その人から見ればどこがどうなんだかが見えるらしい。

その人の人間性やポリシーはともかく、技術としてこちらが受け取れば、嫌な思いはしない。

「こう来たら、こう返す」

の、上手い人は何事もスルりと水のように流す。

そんな感じで読んだ本は、読後感が爽やかだ。

読むセラピーと言っても良い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「憑き物信仰」というのが昔あった。

キツネ、犬、蛇、たぬき、その他…。

それらを利用して良い未来を観(させ)たり、捜し物をさがすのだが、憑き物が悪さをするというのがある。

明治のキツネに憑かれた嫁さんが、実は姑の確執で悩まされていた、なんて言うのは今の精神医学で「解離」を起こしていた、と説明される。

解離することで、辛い現実から自分を守る状態なのだが、周りははた迷惑で電気ショックで治療されたらしい。

辛い現実から解離して自分を守る、と言うのは現代でもありうる。

いつまでもスマホをいじくって前を見ないとか、何かにとても拘ることで自我を守っていることもあるんだとか。

拘りや執着、解離にしてもまだ、身体にとって健全な方を選べば良い。

不健康、状況の悪化するものは避けた方が良い。

身のためだ。

 

おやきシリーズ

なぜ、自分でも「おやき」にこだわるのか?わからないけど、料理も創作活動のうちだと思えば、許せる気がする。

以前から色んな(変わった)おやきを焼いてきたけど、今日もまた、一つ変わったものを作ってみる。

イオンの1番安い小麦粉(¥90)。
f:id:Southapollon:20190215232918j:image

百均ローソンや業務スーパーより安く、軽い出費がかなり痛い私にとっての救世主的なアイテム。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

その前にちょっと小手調べをする。

東久留米で頂いてきた野良バジルが余っているので、シナモンと共に堅焼き(小麦)せんべいを作る。

とても簡単。

・シナモン

・バジル

を小麦粉に入れ、こねて焼くだけ。
f:id:Southapollon:20190215233219j:image
ちなみに、東久留米で収穫し干されたバジルは葉だけを粉砕して保存といた。

小袋に入れると見た目がとても怪しい。
f:id:Southapollon:20190215233108j:image

※芸能人やスポーツ選手がよく捕まる「陶酔Grass」ではありません。

調理は簡単。ただ台所にベッタリな時間があるだけ。f:id:Southapollon:20190215232946j:image

できたのがこんなの🙃
f:id:Southapollon:20190215233241j:image

入れる塩はお好みだけど、バジル&シナモンの小麦せんべいが、完成した。

パリパリで焼きたては良いのだけど、コレにハチミツとか、チョコレートジャムなんかを塗りたくれば、至福かもしれない。
f:id:Southapollon:20190215233252j:image

あとは、コンソメスープの備え付けなんかに良さそうな感じ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本題。

本番はあんこを入れる。

ただ、バジルは個性強くが出てしまうので、シナモンだけを生地に入れて混ぜる。
f:id:Southapollon:20190215233355j:image

あんこに黒ゴマを入れて練り、なかなか固まらないのが待てないので、片栗粉を投下して強引に固める。
f:id:Southapollon:20190215233409j:image

とろみのついたあんこは、そのまま啜りたく鳴る欲望が発動するシロモノだ。
f:id:Southapollon:20190215233419j:image

コイツは危険。

生地にシナモンを分量「好み」で入れ、捏ねまくる。
f:id:Southapollon:20190215233310j:image

最初は箸を使って混ぜると手が汚れにくくて良いよ♪

見た目は豆腐ハンバーグ。
f:id:Southapollon:20190215233447j:image

さっき黒ゴマを混ぜたあんこをコイツで包み込む。

焼いてきます。
f:id:Southapollon:20190215233504j:image

焼いている最中も次の部隊を作っていくので、休み無し。

見た目がヤバイ。
f:id:Southapollon:20190215233515j:image

熱々を頬張りたいがまだ、中に自信が無いからもう少し焼く。

いい感じ。
f:id:Southapollon:20190215233529j:image

店で売ってそうだ。コレ既製品じゃないんだぜ☆

あんこのメイドインチャイナ表記が、全て手作りとは言えず罪悪感が残る。

記念撮影も兼ねた1枚。
f:id:Southapollon:20190215233540j:image

中のやや半なま感がいい。

柔らかさに悪意の無い感じがさして作りがいがある。

(ウーロン茶と共に試食しました)

(´ω`)おおw

外側パリパリで中からじゅんわり黒ゴマあんこ。

これはたまらん中華風。

シナモンの香りも加わって、私には似ても似つかない品の良さが、この食品から漂ってくる。

熱々が最高だね。

残りは後日の昼飯とか、度のお供として活用します。

捨てきらないといけないもの

才能や器用だった人が歳をとると難しいことがある。

というのは、才能があった頃を定点として見たがるから。

それをいい歳したひとがやっているのもどうかと思う。

技芸として輝けるのが若いうちだとしたら、そっとあとの人に道を譲るのもセンスかもしれない。

生涯活動に通じる技芸をしている人が、歳を重ねて磨きがかかるのならまだいい。

能や古武術、舞などが年数で練られてないと完成に近づけないけない要素があるなら、歳を重ねるのもそう悪くは無いはずだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「その道」を入り切ることで見極めや潮時を悟ることがあると思う。

歳を重ねてやはり直感的にダメだと思うようなこともある。

そんな時は現世で「ご縁」がなかったのだろう。

たとえ、その道に近くてもいけない場合もある。

そんな時も縁だろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

学生時代に何かを齧っていたが、歳がいってから、またやりたくなった、だけど、どうも上手くいかない。

そんな場合は「旬」を逃したのだろう。

心身や拍子はある時には開けているし、それを逃したら、次は数十年、あるいはその人にとって永遠に巡ってこないものもある。

運命の扉だ。

「縁」がなければそれに見切りをつけるか?どうするか?は本人が悟ることもあるし、周りが見てもうムリだなと、分かることがある。

悲しいかな「縁」を「才能」と置き換えても通じてしまうことに、この世の儚さがある。

いけると思うと感じたらいった方が良いことがある。

昔の作品に想うこと

なぜか最近、昔のドラマにはまっている。

単に、私がいまの時代についていけないのだけなのかもしれない。

あるいは、少し前のことを振り返り、過去のイメージから経験則をもう一度、拾い直したいのかもしれない。

中高年をすぎ、ポッカリと時間が空くと魔が差す(らしい)。

果たして今のままでいいのか?と。

実は私はちゃんと生きていないのではないか?と不安になる。

昨日の記憶がでは、ちゃんとやったつもりでも、実は別の考え方ができたのではないか?とあれこれ迷ってくる。

人はたとえ「並」の生活ができたとしても、それ以外の可能性に取り憑かれることもある。

まぁ、最初から私は並以下なのだけど。

大勢の人間が通勤電車で会社に行き、遅く帰ってくる。これが当たり前の世界として目の前にある。

自分や家族の生活のために、その生き方しかないのかもしれないけど「並」や「人並み」、「普通」というのが、わからなくなる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

人は学びやを出れば世の荒波に揉まれる。

それはどんな人にも待ち構えている、ある種の運命のようなものだ。

能力や貴賎に問わず、その人の両まなこが見渡す範囲で世の中のことを見る。

たとえさざ波の近くを歩む人であっても、誤解や不快なことはないとはいえない。

逆に嵐を進む人にとっても、長く続く滝のような雨は、なかなか慣れるものでは無い。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

世の荒波に揉まれない人を「綺麗な所に居るヤツ」と揶揄されることがある。

生きる事は大変だとか、世の中を知らないとか、世渡りの知恵が付いていないとか、子供っぽい人に向けられる。

生きる事は綺麗事では済まされないこともある。

ちょとしたことが、大きなトラブルになったり、やっていた方が良いのにそれすら知らなかったり、という技術の面がある。

泥の中に手を突っ込んで得ないといけないようなこともある。

その時「強く自分は生きているんだと」思わないといけない。

理屈では補えない知が経験と練られて、生きる術を作っていく。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

だけど、背伸びをして人は生きるものでは無い。

能力相応、年相応、心身のタフネス・・・これらは自分を知らないと身体(心身)を壊すファクターになる。

どこで、いまこの目に見える世界とどれくらい付き合っていけるか?がカギなのだ。

あらゆる人に「世の中は甘くない」と言う人は信用ならない。

逆に、必要な時に拍子を見計らって、背中をポンと押すなら良い。

果実に熟れ時があるように、人やあらゆることには拍子があるのだ。

中国読みでは人間を「じんかん」という。

人だけでなくあらゆる事柄、生活、自然、時などを含んだ意味があるという。

深い言葉だと思う。

弱さと力

前に田口ランディ女史について書いた。

弱さや優しさを少し考えてみたい。

田口女史はエッセイでも、兄は優しかったが弱さがあったと書いていた。

また、兄はどこか途方もない平和、理想を考えている人でもあった…とも書いていた。

私は思うのだけど世の中で響きのいいフレーズに、人を全力で救いますとか、いつまでも見守りたい、とかいうのは「タテマエ」であって、完璧にできる人なんか居ないだろうと、思う。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分のことですら大変な人(特に私)は、一体なにをしろ?と責められる感じがして、響きの良いフレーズには個人的に距離をとっている。

私の信頼するO氏はやはり、響きの良いフレーズには人にムリをさせる要素がある、と言っている。

宣伝広告なんかは良いことだけを書かないと、商売敵に先をこされてしまう。

ゆえに、売れるための「言葉(おまじない)」だと思っておかないと、信じたこちらか酷く傷付くことがある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

良いフレーズには裏がある…と言ったら言い過ぎかもしれないけど、何かを手に入れたり判断する時には自分を信じないといけないシーンはある。

経験則や自分の感覚を頼りに何かを選んでいく。

上手く行きそうになければ、少し簡単なものを選んでいく。

調子の悪い時はムリをしない。

直感も体力だと、最近そんな気がする。

具合が悪いと身体は勘よりも、体力を回復させることを集中する。

悪い時の判断はギリギリのエネルギーを使っているから、選択の視野が狭い。

元気になった時、後悔しそうで…。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

生活に潜む思い出

まるで「大事にしてくれ!」と言ってるみたいだ。f:id:Southapollon:20190214003418j:image

いつの間にか集まった貝殻たち。

タカラガイは死んでも、しばらくはツヤツヤしているという。

砂に洗われたり日光を受けたりすれば、いずれはくすんでしまう。

うずまきみたいなヤツはキサゴという貝で、塩茹ですれば実に美味しい。

タカラガイは海綿を食べているが、そのタカラガイは人に食べられる。

美味いと言うが殻を壊さないと身がとれないので、美味しさをとるか?綺麗さをとるか?の選択になる。

選択を迫られた人の人間性が現れるだろう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

少し温(ぬく)をとる。
f:id:Southapollon:20190214003438j:image

先日、新宿の韓国市場で手に入れた甘いお茶。

お湯を注げばすぐ飲める。

お手軽韓国旅行だ。
f:id:Southapollon:20190214003448j:image

(´-ω-)ウム

甘さに見え(?)隠れする生薬の苦さがなぜかクセになる。

五味と言われる味の調和は独特の考え方だ。

甘さ、辛さ、酸っぱさ、苦さ、塩辛さ、最近は旨味もあり、どれをどのくらいで組み合わせるか?で料理の出来が違ってくる。

まぁ、今回は飲料とあって、塩っぱいお茶というのもどうかと…(モンゴルにはバター茶というのがある)。

日本の飲食物は考えてみると美味すぎる。

たとえば、今のお茶なら甘さや苦さが直接的で、そこにミルクを入れて穏やかにしても良いのだけど、かえって入れない方が、様になっている。

・・・似合っている、と言ってもいいかもしれない。

素材に色々装飾して、結局何が言いたかったか分からないような感じで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

お茶請け。
f:id:Southapollon:20190214003458j:image

ギンナンの収穫は大変である。

( •́ฅ•̀ )「Smell so bad…」

黄色い落葉が綺麗だけど、ポタポタ落ちる実の品のない匂いもオマケに付いてくる・・。

考えてみれば、良く街路樹に選ばれるよなぁ…。

レンジという文明的なロボのお陰で、食べる分を封筒に入れ、3分くらい加熱すれば熱々を食べられる。

「パン、パン」

という音ではなく、

「ボカン、ボカン」

という音を発し、レンジの寿命を幾分縮めたかもしれず不安になる。

でも、黄翡翠色の香ばしさがいい。

ナッツ系の味だ。

 

自然がないと…

山野でとってきた野草をプランターに植えている。

食べずに何となく置いときたかったものが、健気に根を張り、寒さに小さい葉や茎を伸ばしている。

街に住むと緑は植え込みか公園が目につく。

あるいは、水辺は噴水か濁りのある川に限られる。

海でさえ、工場や湾岸道路に囲まれた人の手が入り、ぎこちない姿をしている。

探せば街にも野草はあるというが、都市化された場所から山野に去っていった野草もある。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自宅のプランターにあるのは芹やクレソン、ハマダイコンなどの最近、汚いところでも育つと分かった野草だ。

私が持ってきたのはそこそこ綺麗な場所のもので、土が違えどスクスク育ってくれる頼もしい植物たちだ。

ふと思う・・・私がキレイ所の植物を持ってくる、単なる自己満足か?

街には自然が無いと嘆き、この無機質なコンクリマンションに緑を足そうとする、ささやかな営みだろうか?

プランターの野草を見ていると、彼らの生えていた場所を思い出す。
f:id:Southapollon:20190213135251j:image

小鳥がさえずる山間の湿地に群生する芹やクレソン。

青い波が磯を少しずつ削っている磯辺のアシタバ

私が野草たちを「何となく」置きたいというのは、彼らの存在と、「場所の記憶」を置いときたいという、理由なのだと思う・・・身勝手な話だけど(´-д-)(´-д-)-3

湿地や浜辺を近くに置いとくみたいな感じで。
f:id:Southapollon:20190213135237j:image

※画像はイメージです。